予測

ステップ1

この画面にて、予測用データを指定します。今回のチュートリアルで使用する予測用データの内容を確認しましょう。

ステップ2

作成した予測モデルを利用して、まだ試していない原材料の混合量に対する特性値の予測を算出します。 本チュートリアルでは、事前に準備した、予測用のサンプルデータを利用します。 現時点でもっとも良い混合量に対して、少しずつ変更を加えた混合量を 51 パターン用意しました。

本チュートリアルで使用するデータは以下のフォルダーにあります。

C:/Program Files/Sony/Prediction One/ja-JP/doc/sample_dataset/use_case/商品開発_特性予測による開発の効率化 (アプリからこのチュートリアルを開いた場合は、同時に上記フォルダーが開かれます)

ステップ3

予測用データである2_製品特性(予測用).csvを指定してください。

データはウィンドウへのドラッグ&ドロップか 「ファイルを指定する」で読み込むことができます。

本チュートリアルで使用するデータは以下のフォルダーにあります。

C:/Program Files/Sony/Prediction One/ja-JP/doc/sample_dataset/use_case/商品開発_特性予測による開発の効率化 (アプリからこのチュートリアルを開いた場合は、同時に上記フォルダーが開かれます)

ステップ4

予測用データのプレビューが表示されます。 「香料素材 1」「香料素材 2」などの情報から「?」と表示されている「特性値(予測対象)」を予測します。

「予測結果プレビュー」をクリックしてください。

ステップ5

「以下の項目を左端に追加する」にて「実験 ID」を指定してください。

「予測して保存」をクリックしてください。 各行ごとに予測を行い、その結果を保存します。

「予測して保存」をクリックした後、名前を付けて保存するダイアログが表示されます。 ファイル名を指定して予測結果を保存してください。

ステップ6

予測が完了すると以下の画面が表示され、指定したファイルに予測結果が保存されています。

予測結果は以下のような形式で出力されます(オプション設定によっては違う形式になります)。 各混合量に対して、予測特性値が書かれています。