Prediction One

クラウド版とは

HOME > Prediction One クラウド版

Prediction One
クラウド版とは

Prediction Oneは、データさえ用意すれば、数クリックで高度な予測分析を自動的に実行できるソフトウエアです。
クラウド版はGoogle Chrome、Microsoft Edgeで使用することができ、専門スキルを必要とせずにご利用いただけます。
(※利用にはインターネット接続が必要です)

Prediction One
クラウド版の特徴

  • ノーコードでスキルがなくてもご利用可能
    プログラミングや機械学習の知識がなくても、
    手元のパソコンにインストールだけで簡単にAIを実装することができます。
  • データ連携によりスムーズな共同作業が可能
    クラウド版では、利用したデータやモデルを簡単に共有できるため、
    チームでの共同作業がスムーズに行えます。
  • 予測APIによるシステム組み込みが容易に可能
    作成したモデルをボタン1つでAPIとして利用することができます。
    簡単に業務アプリケーションに組み込みすることが可能です。(APIページはこちら

導入実績

Prediction Oneは、様々な業界のお客様にご利用いただいております。

  • AGC
  • AKTIO
  • BELSYSTEM
  • Cloud Telecom
  • FUJIFLIM
  • 常陽銀行
  • 株式会社アイアットOEC
  • istyle
  • JMAR
  • 出前専門札幌海鮮丸
  • マーケティングセンター
  • Melon de melon
  • ニッセイアセットマネジメント株式会社
  • プレミアムアウトレット
  • SATO
  • SEKISUI HOUSE
  • 芝浦工業大學
  • SMBCコンサルティング
  • So-net
  • ソニー
  • ソニー銀行
  • STS
  • TIGER
  • TMJ
  • TOKYU CARD
  • 富山短期大学
  • ユーシーカード
  • WORKMAN
  • ワークマン女子
  • WORKMAN Plus
  • Z Academia
  • Z AI Academia

導入事例

主なユースケース

主な機能
(※クラウド版のマニュアルが開きます)

二値分類

データをAかBか2つのクラスに分類します。

詳しく見る

数値予測

データに基づいて数値を予測します。

詳しく見る

多値分類

データを3つ以上のクラスに分類します。

詳しく見る

時系列予測

時間に関する値について将来を予測します。

詳しく見る

寄与度

各項目のデータが影響度合いを表現します。

詳しく見る

予測精度の可視化

各指標に基づき予測精度を表現します。

詳しく見る

モデルの
エクスポート/インポート

予測モデルを保存、移行ができます。

詳しく見る

予測API

APIを利用してシステムに組み込むことができます。

詳しく見る
PAGE TOP

お問い合わせ・資料はこちらから

資料ダウンロード お問い合わせ 体験版