まとめ

Prediction One による不良発見精度の改善

これまでは、担当者の経験と勘によって、点検対象の機器リストを作成していました。 Prediction One によって、機器データを活用して故障を予測することで、より故障しそうな機器の点検ができるようになりました。故障件数も減っています。

同様の方法で、製造機器の故障予測、部品の劣化予測などを行うことができます。 機器に対するセンシングデータが活用できていない場合は、本チュートリアルの方法でデータ活用できることが期待できます。

チュートリアルは以上です。

あなたのデータで予測分析に基づく故障予測を試してください!