予測モデルの作成

ステップ1

今回更新を行いたいモデルに対し、「モデルの更新」ボタンをクリックすることで新しいモデルを作成できます。 ファイルの入力が終わったら次へボタンを押して、次の画面へ進むことができます。

ステップ2

予測モデル作成(学習)用データである最新データ_プレミアムサービス購入.csvを指定してください。

データはウィンドウへのドラッグ&ドロップか 「ファイルを指定」で読み込むことができます。

本チュートリアルで使用するデータは以下のフォルダーにあります。

C:/Program Files/Sony/Prediction One/ja-JP/doc/sample_dataset/use_case/マーケティング_最新の顧客行動に基づくターゲティング (アプリからこのチュートリアルを開いた場合は、同時に上記フォルダーが開かれます)

ステップ3

データ読み込みが完了すると、この画面が表示されます。
予測したい項目は前回学習時に使用したものと同様です。現在の項目の設定が正しいかを確認した後、 「次へ」ボタンをクリックしてください。

ステップ4

更新前のモデルと更新後のモデルを比較するための評価用データを指定します。 評価用データをファイルから指定する場合は、「ファイルを指定」ボタンをクリックします。

ステップ5

学習の時と同様に、「ファイルを開く」ボタン、もしくはドラッグ&ドロップにより評価用データを入力します。 今回のチュートリアルではサンプルデータの最新データ_プレミアムサービス購入(評価用).csvを評価用データに使用します。

ステップ6

「予測モデルを作成」ボタンをクリックすることで学習が開始されますので、完了までお待ちください。前処理 → 予測モデル学習 → 精度評価 → 予測寄与度分析の4つの処理が実行されます。
待ち時間の見積もりが上部に表示されます。データ量が多いほど時間がかかります。
学習完了後、完了ボタンをクリックしてください。