ストーリー ~来店数予測の精度向上~

状況と課題:来店数の予測精度が悪い

あなたは、飲食店の従業員で、食材仕入れの管理を担当しています。毎週日曜日に、その週の食材の仕入れ数を決めて発注しています。 その際に来店数を予測して発注を行うのですが、大きく外してしまうと廃棄する食材が増えてしまいます。かといって、仕入れ数を絞りすぎると販売機会を逃す恐れが出てしまいます。 当たったり当たらなかったりを繰り返しており、来店数をどのように予測すればいいのかが課題となっています。

予測分析の活用:データに基づく来店数の予測

  • 来店数の実績データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、来週の来店数を予測
  • 予測した来店数に基づき、食材の仕入れ数を決定する

期待される効果:食材廃棄の削減、販売機会の増加。

来店数の予測精度が向上するので、食材の仕入れを過不足なく行えるようになります。 来店数の予測が短時間でできるようになり、あなたの作業時間も精神的負担も減るでしょう。

それでは、実際に Prediction One で来店数予測をしてみましょう!