混合量リストの作成

次に試す原材料の混合量の決定

特性値の予測値が大きい混合量は、実際に大きい特性値を持つ可能性が高いと考えられます。 予測値の大きい順に並べ替え、予測値の大きい混合量について、実際に香料を作成し、特性値を計測します。

あらかじめ用意した 51 パターンの混合量から、特性値が良いと期待できる混合量を絞り込むことができました。