商品入荷・配置数リストの作成

来年度の各商品の販売チャネル別の売り上げ金額が予測できました。

算出された予測値と、これまでの方法による予測を比較し、精度が高いかどうかを確認しましょう。 予測値に基づいて、データには出てこない状況を加味して、商品配置数の調整や、予測売り上げ金額が少ない販路に対してマーケティング施策などを行います。