ストーリー ~成約予測に基づいた再訪問営業の効率化~

状況と課題:再訪問営業の効率を上げたい

あなたは、ある法人向け会計ソフトウエアを提供している会社の法人営業部門に所属しています。 法人営業部門では、過去に訪問したが、まだ成約にいたっていない顧客に対して、再度アプローチする活動を行っています。現在はあなたが再訪問するべき顧客のリストを作っていますが、どうもここ半年ほど成約率がよくありません。また、この作業に時間を要しており大変です。

予測分析の活用:成約確率の予測による再訪問顧客リストの作成

  • 顧客データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、各顧客が成約する確率を予測
  • 成約確率の高い顧客を、再訪問する顧客リストとする

期待される効果:営業の成約率の向上、顧客リスト作成工数の削減

より成約につながりやすい顧客に営業できるため、成約率が向上することが期待されます。 顧客リストの作成が自動化されるため、工数の削減につながります。

それでは、実際に Prediction One で予測に基づく顧客リストを作成してみましょう!