有料会員登録予測に基づく営業施策の決定

はじめに~商品購入予測に基づく掲示商品の決定~

マーケティングキャンペーンで施策(DM 送付や電話、クーポン配布など)を実施する際、対象顧客をどのように選ぶかが、キャンペーンの成功に大きく影響します。

  • 例えば、年齢別など単純な条件で、経験と勘で営業顧客を選択している場合、データの一部しか利用できていないため、データを活用しきれているとは言えません。
  • 顧客に関する情報が複数のデータに分かれて保存されている場合、自身でデータを加工して情報をまとめる手間が発生します

予測分析を行うと、顧客データに基づいて、各顧客が商品やサービスを使用してくれる確率(コンバージョン率)を予測できます。

  • 担当者がデータを見ながら経験と勘で予測する場合に比べて、精度が良くなるケースが多くあります
  • 複数のデータを Prediction One に入力すると、面倒なデータ加工処理を Prediction One で行うことができます

コンバージョンの予測確率の高い顧客を施策の対象とすることで、従来よりも高いコンバージョン率を実現できます。