まとめ

Prediction One による製品開発の効率化

香料の開発では、良い特性値(香りの強さ)を持つ原材料の混合量を見出す必要がありました。混合量のパターンが多いことに加え、特性値の測定に時間を要するため、最適な混合量の発見にはかなりの時間を要していました。 Prediction One によって、実際の計測をせずとも特性値を予測できることができるため、良い特性値を持つと思われる混合量を絞り込むことができるようになりました。

他の材料の開発や製品開発、ソフトウエア設定など、良い特性値を持つ設定やパラメータを決める必要があるケースで同様の取り組みが可能です。

チュートリアルは以上です。

あなたのデータで予測分析を活用し、開発効率の向上につなげてください!