コマンドライン

HOME > コマンドライン

Prediction One(コマンドライン)とは

Prediction Oneはノーコードツールですが、コマンドライン機能を利用することで、アプリケーションの組み込みや自動化を実現することができます。

Prediction One コマンドラインの特徴

Prediction One コマンドライン版の特徴をご紹介します。

  • 学習から予測までの一連動作を自動化
    Prediction Oneで実行できるデータ投入~学習~予測までの一連の流れを自動化することができます。
  • ノーコードツールの動作を細かく指定可能
    Prediction One(デスクトップ版)で設定できる細かい処理も指定することが可能です。
  • Windows環境(オンプレミス環境)で動作
    コマンドラインプランは、Windows環境で動作が可能です。
    また、WindowsのOSであればオンプレ環境でも構築が可能です。

Prediction One コマンドラインの活用例

Prediction Oneコマンドラインを利用した活用例をご紹介します。

需要予測における活用例

【目的】
様々な需要・販売予測の自動化を実現します。

【課題】
製造業や小売り業など、あらゆる分野で、過去の売り上げを元に、需要予測を行っています。
従業員がExcelや統計モデルを用いて行うこともあれば、経験・勘で予測を実施することもあり、俗人化や低い精度などが課題としてあげられます。

【活用】
コマンドラインを用いることでシステム化・自動化が可能です。
自動化により、予測・意思決定を行うことが可能となり、安定したサプライチェーンの実現をすることができます。

ECサイト上のレコメンド活用例
(最適な商品のレコメンド)

【目的】
ECサイト上の最適なレコメンドサービスの自動化を実現します。

【課題】
ECサイトでは、日々多くの会員が購買行動をしていますが、個々の会員の購買行動を予測し、自動で最適なレコメンドを出すことは難しい問題です。

【活用】
ECサイト上の会員データに対して、過去の実績データを活用して、コマンドラインでシステム化することで、会員と購買確率が高い商品のレコメンドを自動化し、最適な情報を自動で顧客に提供することができます。

デジタルマーケティングにおける活用例
(MAの最適化)

【目的】
マーケティングデータを活用し、膨大な時間がかかるマーケティング活動の自動化を実現します。

【課題】
デジタル上で会員データを蓄積されている小売り・サービス業などでは、ペルソナを定義してコミュニケーション施策を行っていますが、日々入会する新規会員はペルソナが定義されておらず、最適な施策が実施できません。

【活用】
コマンドラインでシステムを構築することで、ペルソナ定義を自動化し、最適なコミュニケーションを顧客に提供することができます。

Prediction One コマンドライン ご利用の流れ

Prediction One コマンドラインプランを利用するまでの流れになります。
※コマンドラインプランは、法人契約のみご利用いただけます。

  • 1

    お問い合わせフォーム
    からお問い合わせ

  • 2

    代理店とのご契約
    (プラン申し込み・コマンドラインのご契約)

  • 3

    Prediction One
    コマンドラインの利用開始

Prediction One コマンドラインの費用について

Prediction Oneコマンドラインは、コマンドラインプランをご契約いただくことでご利用いただけます。

デスクトップ版 プラン スタンダード スタンダードプラス コマンドライン
予測分析機能
データ準備機能 × ×
GUI(グラフィック表示) ×
コマンドライン上の実行 × ×
テクニカルサポート
価格(税込み) 217,800円/年 283,800円/年 1,078,000円/年
アカウント数 1 1 1
対象OS Windows 8.1(64bit版)
Windows 10 (64bit版)
Windows 11(64bit版)
Windows Server 2019
推奨スペック CPU:3.4GHz以上
メモリ:8GB以上
ハードディスク空き容量:50GB以上
PAGE TOP

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ