故障タイプの分類

予測結果を利用したタイプ割り当ての自動化

各故障情報に対する予測確率から、もっとも確率の高い故障タイプを割り当てることで、故障タイプの割り当てを自動的に行うことができます。

実際は、予測精度は 100%ではないので間違えることもあります。もっとも高い予測確率の値が大きくない場合は、予測の確信度が低いことになりますので、こういったケースは人間がチェックする方が良い場合もあります。