ストーリー ~有料会員営業の対象顧客リストの作成~

状況と課題:有料会員登録の見込みのある顧客に優先的に営業をかけたい

あなたは、企業向けに商品を提供している会社のマーケティング部門に所属しています。 マーケティング部門では、顧客に対し定期的に有料会員への登録をおすすめする営業をかけています。最近は顧客の数が多く全員に営業をかける事ができず、登録してくれそうな顧客へ優先的に営業をかける施策をはじめました。

現在は、過去のデータを参考に顧客の年齢別に広告内容を変えていますが、登録率が想定より低く、効果が薄い状態です。

あなたは、追加情報として各顧客の会社属性や商品ページの閲覧履歴を利用すると、広告の効果を高めることができるのではないかと考えました。

予測分析の活用:登録予測による営業効率の改善

  • 有料会員登録データ、顧客属性データ、ページ閲覧履歴データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、各顧客に対して有料会員登録をする確率を予測
  • 登録確率の高い顧客のリストを作成し、営業順を提案

期待される効果:コンバージョン率の向上

より登録につながりやすい顧客を中心とした営業計画が組めるため、登録率が向上することが期待されます。

それでは、実際に Prediction One で予測に基づく優先営業先リストを作成してみましょう!