Sony Network Communications

Prediction One

無料で始める

お問い合わせ

使い方

Prediction Oneとは

HOME > 使い方 Prediction Oneとは

使い方動画

使い方を動画で見る

再生する

Prediction Oneの利用手順を動画でご説明しています。
予測分析は幅広い分野に応用できますが、この動画では、顧客の成約予測の事例でご説明いたします。

Prediction Oneの利用手順

01データを用意

Prediction Oneは表形式データを用います。
表形式データは過去の実績データなどから作成します。データには顧客の退会、入電数など予測したい情報を含める必要があります。最初から十分なデータを用意する必要はありません。まずはできる範囲で用意し、ツールを動かしてみましょう。

02データをPrediction Oneで学習

データをドラッグ&ドロップでPrediction Oneに読み込ませます。次に予測したい情報の項目を予測ターゲットとして設定し、学習開始ボタンをクリックするだけです。前処理、高度な予測モデルの構築、評価、予測理由分析まで自動的に行います。

03予測精度の評価結果と予測理由を確認

構築した予測モデルの予測精度評価結果が、様々な指標・グラフでわかりやすく表示されます。どの程度の予測精度が出るのか掴むことができます。
また、予測の理由の分析結果もわかりやすく表示されます。

04予測を算出

予測用の表形式データを作成します。Prediction Oneに表形式データ読み込ませ、予測ボタンをクリックしてください。各予測結果に対して予測理由を算出することもできます。

05確率や数値などの予測結果をビジネスアクションにつなげましょう!

算出した予測結果から、次に何が起こりやすいか(どの顧客が退会しやすいか、再来月の需要はどれくらいか)を知ることができます。予測結果に基づくビジネスアクションを行い、ビジネスに生かしてください。
具体的な事例はユースケースのページをご覧ください。

その他

デスクトップアプリケーションなので、安心して分析できます。

Prediction Oneはデスクトップアプリケーションなので、クラウドのサービスと違い社外のサーバーにデータを転送する必要がありません。マーケティングデータなどの機密性の高いデータも安心して分析できます。

ヒストリータブを利用して、過去の分析結果を簡単に比較できます。

予測分析はデータセットの改善・変更による試行錯誤を伴うケースが多いです。ヒストリータブから過去の分析結果を簡単に切り替えられるので、分析結果の比較もしやすいです。
プロジェクトごとに分析結果をまとめて管理することができます。

PAGE TOP

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ