まとめ

Prediction One によるラベリング作業の自動化

これまでは、担当者が故障情報に対するタイプ付けを行ってきました。 Prediction One によって、故障情報に対する故障タイプの予測ができたため、それを利用することで分類作業を自動化できました。 これにより各拠点から故障情報のデータのみを収集し、自分で Prediction One による故障タイプ分類を行うことができるようになりました。

チュートリアルは以上です。

あなたのデータでタイプ分類を試してみましょう。