出荷数予測による生産計画の精度向上

はじめに ~出荷数予測による生産計画~

工場における製品の生産では、出荷数の計画を立て、それに合わせて部品調達やラインの稼働などの計画を立てます。

  • 出荷数を多く見積もりすぎると、出荷数よりも販売数が小さくなるため、在庫が発生してしまう
  • 出荷数を少なく見積もりすぎると、販売の機会を逃してしまう そこで、出荷数を精度よく見積もる必要があります。

予測分析を利用すると、データに基づいて出荷数を高精度に予測することができます。

  • 担当者がデータを見ながら経験と勘で予測する場合に比べて、精度が良くなるケースが多くあります
  • 担当者が交代した場合に、担当者が慣れるまで予測精度が低くなってしまうこともありますが、予測分析はデータから自動的に算出されるので、その心配はありません