評価結果の閲覧

ステップ1

予測モデルの学習後、予測精度の評価までを自動で行います。この画面ではモデルのサマリを確認できます。

予測精度は作成した予測モデルの予測結果と実際の結果を比較することで算出されます。予測精度レベルの星の数から、良い精度で故障を予測できる事がわかりました!

ステップ2

精度の詳細を選択すると、さらに詳細な評価を見ることができます。様々な観点での予測精度の評価値や、予測精度に関する表やグラフが生成されます。下にスクロールすることで、閲覧できます。

ステップ3

予測精度が高いことはわかりました。では、なぜ予測精度が高いのでしょうか。「寄与度の詳細」をクリックしてください。

ステップ4

この画面では、予測に対してどの入力項目がどう有効かを知ることができます。

故障予測では、「購入からの経過月数」が有効で、さらに右側の内容から経過月数が多いと故障しやすい事がわかります。 自分の直感と合っているか確認できます。また、意外な関係性(油圧メーター値が思った以上に故障する・しないに関係していたなど)を発見することも。

次に「予測する」をクリックしてください。