ストーリー ~データに基づく出荷数予測~

状況と課題:出荷数の見積もりの精度を上げたい

あなたは、業務用ディスプレイ工場の生産計画を担当しています。 来月の出荷数を予測し、部品の発注数や生産ライン稼働の計画を立てています。 出荷数の見積もりは生産計画の肝であり、在庫数や販売数など事業成績の根幹への影響が大きいため、精度向上を常に求められ、プレッシャーを感じています。 しかし、過去実績を見ながら出荷数を予測しているものの、部品の在庫やライン状況によって出荷数は複雑に変化します。 また、この工場は複数の製品を出荷しており、製品ごとに出荷数は異なっており、予測も製品ごとに行う必要があります。現在は主に経験と勘に頼った予測になっており、予測の精度がいいのかどうかもはっきりしません。

予測分析の活用:データに基づく出荷数の予測

  • 出荷数実績データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、将来の月の出荷数を予測
  • 予測した出荷数に基づき、生産計画を立てる

期待される効果:在庫削減、販売機会の安定確保

出荷数予測の精度が向上するので、在庫は削減され、在庫不足による販売機会喪失も減りました。 予測分析による客観的な予測値を基準にして生産計画を立てられるので、あなたの精神的な負担も減った感じがします。

それでは、実際に Prediction One で出荷数予測をしてみましょう!