ストーリー ~早期点検対象機器リストの作成~

状況と課題:定期点検による保守運用の費用対効果を上げたい

あなたは、ある機器の提供・保守サービスをしている会社の定期点検をする部門に所属しています。 提供先の機器の経過年数を元に、アフターサービスの定期点検と早期部品交換を実施しています。しかし、人手やコストの観点から、すべての機器に対して頻繁な点検を行うことはできません。 そこで、提供先の運用期間を元に点検先を絞り込んで(経験によって導き出した条件)点検をしているのですが、不良発見率が想定より低く、故障件数を効果的に減らせていません。

予測分析の活用:機器の故障予測による不良発見精度の改善

  • 機器状態データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、各機器が故障する確率を予測
  • 故障確率の高い機器のリストを作成し、優先的に点検を実施

期待される効果:点検による機器故障率の低下

より故障しそうな機器を点検し事前に対処できるため、故障件数の削減が期待できます。

それでは、実際に Prediction One で予測に基づく点検リストを作成してみましょう!