故障情報の自動分類

はじめに ~故障情報の自動分類~

様々なビジネスで、状況を俯瞰するために、情報を蓄積し分類やラベリングを行うことがあります。

  • 製品の故障情報を集約し、故障タイプ別に分類
  • インフラ運営におけるトラブル情報を集約し、トラブルタイプ別に分類
  • 自社に対する口コミ情報を集め、タイプ別に分類
  • ソフトウェア製品のバグ情報を集め、タイプや発生個所のラベリング

こうした分類作業は担当者が日々行っていることが多く、かなりの作業時間を要していることがあります。また、担当者によって基準が違うことも問題となることがあります。 予測分析を活用すると、分類を自動化できるため、作業の効率化を実現することができます。