成約予測による有望顧客の絞り込み

はじめに ~成約予測による有望顧客の絞り込み~

法人営業や一部の個人営業(保険、不動産、車など)では対面で営業を行いますが、顧客への対面営業は高い効果がある一方、大きなコストがかかります。費用対効果を高めるには、いかに適切な顧客に営業するかがポイントの1つです。ここに顧客データと予測分析が活用できます。

顧客データに対して予測分析を適用すると、データに基づいて、成約する顧客の傾向を導き出し、顧客ひとり一人に対して成約のしやすさ(成約確率)を算出することができます。算出された成約確率の高い顧客に対して営業を実施することで、よりニーズの合う顧客に訪問することができ、成約率の向上が期待できます。