ストーリー ~面談優先度リストの作成~

状況と課題:社員の休暇取得日数の達成率を上げたい

あなたは、ある会社の人事部門に所属し、働き方改革を推進しています。 人事部門では、社員の休暇取得日数を一定以上にする目標を掲げ、未達見込みの人に個別面談を実施しています。面談の効果はかなりあることが分かっています。しかし、社員の数が多く、全員と面談は実施できません。

予測分析の活用:休暇取得未達予測による面談する従業員の決定

  • 社員データを準備(チュートリアルでは、サンプルデータを使用します)
  • Prediction One を利用して、各社員が休暇取得を達成する確率を予測
  • 達成確率の低い社員のリストを作成し、面談を実施
期待される効果:面談による休暇取得改善の効果向上

より目標達成しにくそうな社員に面談できるため、全体の休暇取得率が向上することが期待されます。

それでは、実際に Prediction One で貸し倒れ予測を行ってみましょう!