まとめ

Prediction One によるラベリング作業の自動化

Prediction One のモデル更新機能によって、最新の故障情報に対応した故障タイプの予測ができるようになりました。 これは最新のデータを用いたモデルを再度作成することおよび最新の評価データを用いて評価した結果わかったことです。 新しくデータが蓄積されるビジネスにおいては常に最新のデータで予測精度が出ることを確認することが大切で、 実際に運用しているモデルは定期的にモデル更新機能などを用いて評価を行うことを推奨します。

これにより前回実現した故障タイプの分類に加えて継続的なモデルのメンテナンスもできるようになり、 より効率的な自動化による工数の削減が可能になります。

チュートリアルは以上です。

あなたのデータでタイプ分類を試してみましょう。