予測用データ入力画面

予測するボタンをクリックするとこの画面に遷移します。 この画面では、これから予測を行いたいデータを予測モデルに入力することができます。

新規に予測を行う

ステップ1. 予測用データを用意してください。

予測を行うためには、予測用データが必要です。 「データの作り方」を参照にしつつ、予測用データを作成してください。

ファイルフォーマットは CSV (カンマ区切り) と TSV (タブ区切り) に対応しています。 予測用データの項目について、選択している予測モデルを作成した際の学習用データと、 予測したい項目を除いて一致している必要があります。

ステップ2. 予測用データをこの画面にドラッグ&ドロップするか、ファイルを指定して入力してください。

予測データを自動生成して、予測を実行する

時系列予測モードかつ予測したい項目の時間情報項目以外の項目を予測モデル作成に使用していない場合のみ、 予測用データを入力せずとも自動的に予測用データを作成して予測を実行することができます。 例えば天気予報の記録など予測したい項目の時間情報項目以外の項目を予測モデル作成に使用している場合、予測用データを用意する必要があります

ステップ1. 予測データ指定方法ラジオボタンで「予測データを自動生成」を選択してください

ステップ2. 「次へ」をクリックしてください

ステップ3. プレビューで予測を行う時間を確認し、「予測する」を押してください

予測ウィンドウを閉じる

ステップ1. 「戻るボタン」か「クローズボタン」を押してください。