モデルの監視が対応していないケース

モデル監視機能は作成したモデルが以下のようなケースでは対応していません。

内容 説明
時系列モデルのとき 時系列で作成したモデルは予測期間が決まっているため、モデルの監視の対象になりません
v1.5よりも前に作成したモデルのとき v1.5よりも前で作られたモデルはモデルの監視機能に対応していなません。モデルの監視機能を使用するためには新しくモデルを作り直す必要があります
学習データ/評価データを削除したとき 学習データや評価データを削除したときは比較ができないためモデルの監視機能は使用できなくなります

また予測したデータ数が少ないときや正解が登録されていないときは一部のUIが非表示になる可能性があります。

内容 説明
予測したデータ数が少ないとき 予測したデータ数が少ないときは傾向変化が正しく捉えられない可能性があり、一部機能が制限されることがあります
正解が登録されたデータ数が少ないとき 正解が登録されたデータが存在しないとき、あるいは正解が少ないときは精度を表示することができず、一部機能が制限されることがあります