学習中画面

「予測モデルを作成」ボタンをクリックすると、 この画面に遷移します。

残り時間を確認する

ステップ1. 残り時間表示・進捗バーを見る。

見積もった残り時間が表示されます。見積もりは外れる可能性もあります。

学習をバックグラウンドで実行する

ステップ1. 「閉じる」ボタンをクリックします。

学習中画面が閉じますが、バックグラウンドでモデル作成処理は実行されています。モデル一覧で作成中のモデルが表示されます。

ステップ2. モデル一覧で作成済のモデルをクリックすることで詳細の確認や予測が行えます。

他には「使用状況」画面で、学習中あるいは学習済のモデルを確認することもできます。

学習をキャンセルする

ステップ1. 中止ボタンをクリックします。

ステップ2. 「破棄をする」をクリックします。

「キャンセル」をクリックした場合、予測モデルの学習は継続されます。

学習と評価を完了する

ステップ1. 学習と評価の処理が完了後、完了ボタンをクリックしてください。

学習と評価の進捗状況を確認する

ステップ1. 学習・評価フェーズを見る。

学習・評価時に現在どの処理を実行しているかが学習・評価フェーズに表示されます。

  • データ読み込み:ファイルからデータを読み込み、学習用データと評価用データを準備します。処理時間の見積もりも行います。
  • データ前処理:データセットについて必要な統計量を計算します。
  • モデル学習:学習データセットから予測モデルを学習します。Prediction One では、モデルとしてニューラルネットワークと勾配ブースティング木を利用しており、それぞれ最適なモデル設定を自動的に選択します。
  • 精度評価:評価用データセットを使って、作成した予測モデルの予測精度を計算します。
  • 予測寄与度分析:作成した予測モデルの予測寄与度を分析します。時系列予測モードを使用する場合は実行されません。

学習・評価メッセージに処理内容の詳細が表示されます。