モデルに使用

モデルに使用」の設定は、モデル作成の詳細設定画面において、入力されたモデル作成用データの中に含まれる項目の中から、どの項目を使って{予測モデルを作成するかを指定するための設定です。 「モデルに使用」でチェックを入れた項目は、予測用データにも含まれている必要があります。

退会予測による退会の削減のデータを例に説明します。 このチュートリアルで使用する 1_サービス退会.csv を Prediction One に入力して詳細設定にチェックを入れると、 以下のような画面に遷移します。

この時、Prediction One は「モデルに使用」にチェックが入っている「入会日」「顧客ランク」「クレジットカード登録」などの項目から「退会有無」を予測するような予測モデルを作成します。 そのため、予測用データにも「入会日」「顧客ランク」「クレジットカード登録」の項目が含まれている必要があります。

また、「モデルに使用」のチェックが入っていない「顧客 ID」の項目は「退会有無」の予測には使用されません。 直感的には「顧客 ID」は「退会有無」とは無関係の項目だと考えられます。このように、予測したい項目に関係がない可能性が高い項目について、Prediction One は自動的に「モデルに使用」のチェックを外す場合があります。