誤差中央値

誤差中央値とは、評価用データに含まれる各データに対して予測をした時の誤差の絶対値の中央値を指します。 ここで、中央値とは、複数個の数値データを小さい順に並べたとき、その並びの中央に位置する値を指します。

評価用データに含まれるデータのおよそ半分が誤差中央値よりも小さな誤差で予測をすることができたと解釈できます。

中央値は極端な値に影響を受けにくい集計値ですので、もしも極端に誤差が大きいケースが存在するかどうかに興味がある場合は誤差平均や RMSE の値、予測の分布グラフなども参考にすると良いでしょう。