過去の予測したい項目の値

過去の予測したい項目の値とは、ある時点よりも未来の値を予測するために、過去の値を参照しつつ作成した項目のことを指しています。

例えば、製品の出荷数予測のチュートリアルでは、これから 12 カ月先までの出荷数を予測しようとしています。 この時、ある時点から 3 か月先や 4 カ月先の予測を行うために、12 カ月前や 24 カ月前の出荷数の情報などを参照しながら予測を行います。 どの時点での値を参照するかは Prediction One の時系列モデルが自動的に決定します。 このように、過去の情報を元にして作成した項目を Predition One では過去の予測したい項目の値として表示しています。

関連するページ