多値分類

明日の天気を予測する時、予測の仕方として

  • 晴れか晴れではないかを予測する
  • 晴れ・曇り・雨のどれに当てはまるかを予測する

ような予測の仕方があります。 「晴れか晴れではないかを予測する」ように 2 つに分ける問題を二値分類、 「晴れ・曇り・雨のどれに当てはまるかを予測する」ように 3 つ以上の種類に分ける問題を多値分類と呼びます。

多値分類を行う事例として、チュートリアル「顧客の声のラベリング自動化」のようにデータをいくつかの種類に分ける場合などが当てはまります。