Sony Network Communications

Prediction One

無料で始める

お問い合わせ

ユースケース

HOMEユースケース > SREホールディングス株式会社

住宅・不動産

対面コンサルティング活動の効率化

データから各顧客のニーズの強さを予測し、ニーズが高いお客様に優先的にアプローチすることで
営業活動を効率化するとともに、契約獲得率を向上

SREホールディングス株式会社

不動産流通部門・

SRE AI Partners株式会社

目的・課題
SREホールディングス 不動産流通部門(旧社名:ソニー不動産)では、顧客の不動産売買のコンサルティングを専門のエージェントが担当している。過去に連絡いただいた顧客に対して再度アプローチを行っているが、アプローチを行う顧客はエージェント部門の各組織が独自に判断していた。
コンサルティングの実績が多くデータとして蓄積できていたので、データから知見を得て、それによってエージェントサービスの効率化と契約率向上に取り組んだ。
予測分析の利用
Prediction Oneを利用し、過去のコンサルティング実績データから、高い精度で各顧客の売買成立を予測できることが分かった。予測確率が高いほど切実なニーズをお持ちである可能性が高いと考えられるため、予測結果を参考にして、顧客へフォローのご連絡をする活動を行った。
効果
従来はエージェント部門の経験に基づいて顧客に連絡していたが、Prediction Oneによる予測結果を利用することで、より売買成約につながりやすい顧客に適切なサービスを提供し、営業効率を向上ができることが分かった。
当初は、SRE AI Partners株式会社がコンサルティングに入っていたが、Prediction Oneは統計やAIの専門家でなくても簡単に利用できるので、現在は予測算出の業務をエージェント部門が担当している。

一覧へ戻る

PAGE TOP

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ