お知らせ

HOMEお知らせ > Prediction Oneを活用した「天気情報による救急搬送予測」が、救急医療学術雑誌「Open Access Emergency Medicine」に掲載されました

論文掲載

2021.01.28

Prediction Oneを活用した「天気情報による救急搬送予測」が、救急医療学術雑誌「Open Access Emergency Medicine」に掲載されました

2021年1月28日、救急医療学術雑誌「Open Access Emergency Medicine」に掲載された「天気情報による救急搬送予測」にPrediction Oneが活用されました。

掲載概要
■論文タイトル
Prediction Model of Deep Learning for Ambulance Transports in Kesennuma City by Meteorological Data

■論文概要
2017年から2019年まで気仙沼市立病院に搬送された救急車の数および天気情報から、天候により翌日の救急搬送の有無を予測するモデルを作成しました。翌日の救急搬送の有無に対するAUCは0.947以上でした。

■執筆者
Ohmi Watanabe, Norio Narita, Masahito Katsuki, Naoya Ishida, Siqi Cai, Hiroshi Otomo, Kenichi Yokota

■掲載日
2021年1月28日

■掲載媒体
Open Access Emergency Medicine

■DOI
10.2147/OAEM.S293551
執筆者のコメント

宮城県大崎市民病院 外科 医師 渡邉大海

多忙な救急外来で救急車がどれくらい来るのかを予測するのは医療資源を適切に使うためにも重要です。
Prediction Oneを用いて天気情報から救急搬送予測モデルを時系列解析を用いて作成することができました。

一覧に戻る
PAGE TOP

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ