お知らせ

HOMEお知らせ > ソニーのAI予測分析ツール「Prediction One」、NoCode IoT/DX Platform MEEQとサービス連携〜IoTデータに基づく予測分析を専門知識やプログラミングなしで可能に〜

お知らせ

2023.01.10

ソニーのAI予測分析ツール「Prediction One」、NoCode IoT/DX Platform MEEQとサービス連携
〜IoTデータに基づく予測分析を専門知識やプログラミングなしで可能に〜

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する予測分析ツール「Prediction One(プレディクション ワン)」は、ミーク株式会社がIoT事業者および企業向けに提供するNoCode IoT/DX Platform『MEEQ(ミーク)』とサービス連携を開始しました。
MEEQサービスサイト:https://www.meeq.co.jp/meeq/ai.html

Prediction OneとMEEQの連携イメージ

Prediction OneとMEEQの連携イメージ

例えば人数カウントセンサーなどの値から将来の来訪者数を予測する場合、手法は確立されていても、実際にそのシステムを自店舗に導入して運用するために、専門知識を有する人材の確保も含めて大きな手間と費用がかかります。そこで、Prediction Oneと連携することで、MEEQにてこのようなセンサー情報の入力を必要とする予測分析をNoCodeで誰でも簡単に実現できるようにいたしました。

予測分析の対象となるデータは、お客さまのIoTデバイスからMEEQ IoTストレージに送られ蓄えられたデータです。機械学習やプログラミングなどの専門知識不要な数クリックの簡単な操作でPrediction Oneの予測分析モデルを作成し、MEEQコンソールからPrediction Oneとの連携を設定することで、対象データに対する予測分析結果が得られます。

Prediction Oneについて

Prediction Oneは、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても数クリックの簡単な操作で予測分析ができるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社提供のAIツールです。
これまで一部の専門職に限られていたAIによる予測分析を、一般ユーザーのパソコンからシンプルで直感的なインターフェースを通じて簡単に利用することができ、サービス開始以来、AI活用の裾野を広げてきました。

主な機能
■シンプルで簡単
機械学習やプログラミングのスキルがなくても簡単に使える。

■自動モデリングで高精度な予測
高い予測精度によって、高い導入効果を達成できる。

■予測の理由がわかる
予測理由によって、理解できる・説明できる・アクションにつながる。

Prediction OneとMEEQの連携費用

■無料
※別途、Prediction Oneの利用料のほか、MEEQ SIMやMEEQデータプラットフォーム利用料、データハブ利用料などの費用がかかります。

Prediction OneとMEEQの連携利用例

■機械に組み込まれたセンサーのデータを連携した故障予測
正常と異常のデータを利用してPrediction Oneに学習させ、判定に必要な数値が現れたら、MEEQでデータを識別してPrediction Oneに連携。その結果から機械の故障の可能性を数値化します。

■人数カウントセンサーのデータを連携して来店数予測
人数カウントセンサーを店舗入り口に設置し、現在の入店者数を把握。データプラットフォームにデータを送信し、MEEQからPrediction Oneに連携することで、この後の時間の入店者数を予測します。

MEEQについて

MEEQは、直感的なコンソール画面を通じて、簡単にIoT向け通信サービスを購入/決済/登録/管理ができるNoCode IoT/DX Platformです。NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI回線のデータ通信専用SIMの利用が可能で、お客様側でシステムを用意しなくとも簡単にIoT回線を追加し、さまざまな事業をサポートすることができます。

データを自動的に加工し、蓄積して、お客様のシステムの一部としてご利用いただけるデータベース「IoTストレージ」や、データを分析してアクションに結び付けるアプリケーションなど、 IoT事業者やIoTを活用したい企業の皆様が簡単に利用できるサービスを拡充しています。
URL:https://meeq.co.jp/meeq/

※記載されている商品名、会社名などは各会社の商号、商標または登録商標です。

一覧に戻る
PAGE TOP

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ