Prediction One

契約者
ポータル

資料請求

資料請求 無料ではじめる

お問い合わせ

データ準備機能

HOME > データ準備機能

データ準備機能とは

データ準備機能はAIモデル作成をするために必要なデータの前処理、加工、集約をノーコードで行うことができる機能です。
プログラミングやExcelなどを利用したデータ加工に不慣れなユーザーでも、簡単にデータ準備を実施することができます。

データ準備機能の特徴

ユースケース別ガイド

ユースケース別にテンプレートを用意しており、ユースケースを選択するだけで様々なAIモデルの予測を行うことができます。

カスタムモード

データの加工(データ結合、置換などの処理)を自由に組み合わせることでデータ準備のプロセスを自分でカスタマイズすることができます。

データ準備機能の
ユースケース

  • ユースケース別ガイドを利用した活用例
    (初級者向け)

    利用者
    マーケティング担当者
    課題
    やりたいテーマはあるがデータ加工を行うスキルがない。
    活用方法
    マーケティング担当者は見込み顧客の成約予測、メール開封率予測などの複数テーマをユースケース別ガイドから選択することで、簡単にデータ準備を行うことができます。
  • カスタムモードを利用した活用例
    (上級者向け)

    利用者
    店舗担当者
    課題
    データ加工に関する基礎的な知識はあるが実装する時間がない。
    活用方法
    店舗担当者は来店するお客様の予測、商品ごとの出荷数などに関するテーマについて加工作業を組み合わせ、加工プロセスを自動化・簡素化することができます。

データ準備機能の
費用について

データ準備機能については、スタンダードプラスプランに含まれております。(スタンダードプランには含まれていません)

デスクトップ版
スタンダード
デスクトップ版
スタンダードプラス
年額(税込)

217,800 円/年

283,800 円/年

予測分析機能 対応 対応
データ準備機能 非対応 対応
PAGE TOP

お問い合わせ・資料はこちらから

資料ダウンロード お問い合わせ 体験版