ユースケース別ガイドの使いかた

はじめに~ユースケース別ガイドとは~

予測モデルを活用するためには、はじめに何を予測するか決める必要があります。 何を予測すれば良いかはビジネス上のKPIによって様々です。

例えば「プレミアムサービスの申し込みを5%増やしたい」というKPIを設定したとします。 申し込みを増やすには様々なアプローチがあるかもしれませんが、ひとつの方法としてプレミアムサービスを申し込む可能性が高い人にメールを送信してコンバージョンを促すことが考えられます。

これを実現するためには、プレミアムサービスを申し込む可能性が高い人を予測する必要があり、 「顧客の属性情報」から「プレミアムサービスの申し込みの有無」を予測するモデルを作成することで実現できます。

ユースケース別ガイドの概要はこちらをご確認ください。

ユースケース別ガイドでは、どのような情報を用意して何を予測すれば良いかの具体的な例を載せています。