データ準備機能 (ユースケース別ガイド)

ユースケース別ガイドとは

ユースケース別ガイドとは、様々なユースケースにおけるデータ準備をサポートする機能です。

ユースケース別ガイドでは、Prediction Oneを活用するためにどのようなデータを準備すればいいか様々なユースケースについて具体的な事例を用意しました。興味があるユースケースを選んでいただき、そのユースケースで必要となるデータを用意して頂ければ簡単に予測モデルを作ることができます。

このページでは、ユースケース別ガイドがどのような機能であるかを簡単にご紹介します。

ユースケースを選択する

マーケティングや需要予測など様々なドメインでの具体的なユースケースを載せています。 まずはこの中から自分が解きたい課題に一番近いユースケースを選びましょう。

例えば「顧客のサービス解約」を選択すると、

  • 顧客がサービスを解約したかどうかの過去実績データ = 解約有無
  • 顧客の属性やサービス利用状況に関する情報 = 顧客ランク、購入額、…

を用意すればPrediction Oneで顧客のサービス解約予測ができることがわかります。 データの準備ができたら次のステップに進みましょう!

データパターンを選択する

データの準備ができてユースケースを選択すると、「データパターンの選択」という画面が出てきます。 この画面では、用意したデータに一番近いフォーマットを1つ選択してください。

3つ以上のファイルを結合したい場合はカスタムモードを使う必要があります。

データパターンを選択し終わったら、「次へ」をクリックして次のステップへ進みます。

データ加工の設定をする

データパターンを選択しファイルを指定すると、予測したい項目の指定画面やデータ結合画面が表示されます。 画面の指示にしたがって項目の選択などを行ってください。

ここでは、ユースケースやデータパターンに応じて必要なデータ加工を行います。 画面の指示にしたがって操作をするだけで、予測モデル作成に必要なデータ加工を完了できます。

加工処理をしたデータはcsv形式でダウンロードできます。 詳しくは[各画面の操作と説明 > データを準備・加工する > 準備済みデータ一覧]のページをご覧ください。

まとめ

本資料では、データ準備機能のユースケース別ガイドについてご紹介しました。 以下にポイントをまとめます。

  • ユースケース別ガイドでは様々なドメインでの具体的な事例が載っている
  • ガイドを利用するには、各ガイドに記載されているデータを用意する必要がある
  • データを用意したあとは、ガイドにしたがって操作をするだけで予測モデル作成に必要なデータ加工が完了する

ユースケース別ガイドをもとに予測モデルを作るためにはどのようなデータを用意する必要があるかを知り、 お手元のデータではじめての予測モデルを作成してみましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?